You are here
投資先としてのファンドとしては!そのメリット

投資先としてのファンドとしては!そのメリット

国債という投資先について

投資先として、日本国債はかなりお勧めできます。まず、円建て、ということがメリットとして挙げることができます。ですから、日本国内で生活をするのであれば、まったく問題ないことであるといえます。それに日本国債というのはデフォルトしたことがないものなのです。ですから、投資先としてはかなり安定しているといえます。ちなみにアメリカ国債もよいです。どうしてか、といいますとアメリカ国債が破綻したとき、というのは、世界的に貨幣の価値がなくなっているときであるといえるからです。アメリカがクシャミをすれば、日本が風邪を患う、とまで言われているのです。


アメリカ国債についてのこと

アメリカの国債が無価値になるようなことがあれば、それは日本も終わっているときになります。そもそも、そうしたことを避けたい、というのであれば、貴金属でも買っておくことです。これも投資先としてはなかなかメジャーです。まず保管が楽です。純金は錆びることがありませんから、かなり安心して買うことができます。盗難の心配はありますが、劣化する心配はないのです。投資ファンドでもメインにはしないとしてもポートフォリオに組み込んでいることは多いです。


スケールメリットとして

投資と言うのは、リスクとリターンをよく考えて実行するべきであるといえます。つまりは、リスクが大きいがリターンも大きいところを目指すのか、或いはリターンは低いがそれでもリスクが低いところを目指すのか、ということです。投資の基本はこれになります。これが大原則であるといえます。もちろん、スケールメリットというものはあります。だからこそ、ファンドに投資をするのです。自分でやるよりも遥かに高い金額が全体として投資ができるからです。



投資とファンドの特徴を念入りに確認することで、長期間にわたり資産の運用を効率よく行うことが可能となります。

Related posts