You are here
相続税に関することを理解しておきましょう

相続税に関することを理解しておきましょう

相続税とは相続する財産によって

相続税というのは、相続する財産によって大きく違ってくることになります。逆にいいますと下がることもあるのです。これは控除額があるので人によってはまったく気にしないでよいこともあります。しかし、そこそこの財産があるのであればどうしても支払うことになるようになります。それに対して備えておくことは、決して悪いことではないです。上手くすればかなり削減できるか、或いはまったく支払う必要がなくなることすらあります。


相続財産を減らすこと

実は相続財産を減らせる行為があるのです。具体的にはなんといっても、贈与があります。贈与をすることによって、かなり相続財産を抑えることができるようなります。贈与に関しても税金があるのは確かですがキチンと非課税枠もあるからです。それをしっかりと把握して実行するとよいでしょう。年間に110万円まで大丈夫です。これは1年間、そして一人の金額です。つまりは、子供が五人いれば550万円まで贈与ができる、ということになります。


骨董品の価値についてのこと

骨董品ほど贈与させることが難しいものはないです。また、いざ相続の時も大変です。まず、評価額が恐ろしいことになる場合があるからです。基本的に相続税は現金払いになりますから、これがなかなか厳しいことになります。そのために、いくつかの資産を処分することになる場合もあるのです。評価される財産が必ずしも現金に直結しているとは限らないからです。骨董品などは特にそうしたことが多く、相続に置いてはとても大事になります。



相続税の税理士を上手く活用することで、税金の申告の手続きを素早く済ませることができるため、まずは実力のある税理士事務所に相談することが良いでしょう。

Related posts