You are here
決して胡散臭くない!?信用取引で必ず利益を得る方法

決して胡散臭くない!?信用取引で必ず利益を得る方法

信用取引で利益を得るためには膨大な時間がかかる

信用取引においては、現物取引以上の規模の株取引が行えるようになるため、一見するとすぐに大きな利益が得られるように感じてしまいます。しかし、信用取引は独特の仕組みを持つ取引で、機関投資家なども多く携わっているため、決して個人投資家が簡単な気持ちで飛び込んで簡単に利益を出せるようなものではありません。信用取引で利益を得るためには様々なデータを集め、それを実際の相場に反映させるシミュレーションを重ねるなど、とても多くの時間を費やして取引システムを構築しなければならないのです。


信用取引は運用の仕方次第で簡単に利益が出せる

一方で、信用取引の活用の仕方に工夫を加えるだけで、誰でも簡単に利益を出すことができるようになります。最もよく利用される手法が、現物株の擬似的な利益確定です。これから大きく利益が出ることが予想される株やストックオプションなどで得た自社株を信用取引で空売りすれば、そこまでの利益を確保することができます。利益を取るための行動に利用するため、こうした信用取引で損失が生まれることはありません。信用取引はこのように現物取引と組み合わせることで、その有用性を向上させることができるという性質も持っているのです。


株主優待が欲しい時には信用取引を活用する

昨今株主優待がブームとなりましたが、この株主優待の権利を得る際に信用取引を積極的に活用すると、その権利をほぼ無償で手に入れることができます。手法は非常にシンプルで、株主優待の権利落ちする前に現物でその銘柄を購入しておき、同時に信用取引で空売りを行っておきます。こうしておけば、権利落ちした後でどれだけ株価が下がろうとも、空売りで利益が出るために損利が相殺され、株主優待の権利のみを得ることが可能になります。手数料や金利を支払う必要はありますが、株価を気にせずに株主優待を手に入れることができる、非常に有用な取引手法です。



自分の資金や保有する株を担保にして証券会社からお金を借りて株式投資をすることを信用取引と言いますが、このお金は6か月以内に返済をしなくてはありません。

Related posts