You are here
土地の資産がある場合は早めに相続税の準備をしておくことです

土地の資産がある場合は早めに相続税の準備をしておくことです

土地の相続は早いにこしたことはありません

人の死はいつくるかわかりません。夫や親が亡くなりお葬式が終わったら、いやおうなく「相続」の問題に直面しなければならなくなります。夫や親からすれば、子どものころ遊んでいた姿が脳裏に焼き付いており、そんな子どもたちが争うはずがないと思うものです。しかしながら、相続が開始されると、予想とは裏腹に争いごとになってしまうことが多いものです。土地などは高額なものですから、相続税のことまで考えて分配をしておかなければ争いの引き金になってしまいます。


土地は相続税評価額というのがあるのです

宅地を相続するためには、評価額がどれくらいなのかを知っておく必要があります。土地の価格については、取引価格・公示価格・路線価格などの言葉を聞くことがありますが、相続税においては、相続税評価額が評価の基礎になります。宅地の相続税評価額の評価方法は、路線価格方式と倍率方法があり、当該土地がいずれの方式によるかは国税庁が決めております。相続の中でも、土地は金額が大きいだけに、早めに評価額を専門家に相談をしておくことです。相続されても、相続税を支払うことができない事態もあるのです。


建物と土地は別々に相続しないほうがよい

土地に建物が建っておれば、土地を長男に相続し、次男に土地の上の建物を相続することも考えられます。こうなれば、次男は土地を利用する権利はなくなります。両者で土地の利用について話し合う必要がでてくるのです。使用料を無償とする使用貸借とするか、借地借家法の適用のある借地権とするかを決めなければなりません。このように、建物と土地を別々の人が相続すると、相続税の申告も面倒になりますし、必ずといっていいほど後日トラブルが発生してしまいます。



相続の申告を税理士にお願いするか迷っている時には、具体的な報酬額の支払い方法について前もって確認を取る必要があります。

Related posts